• G+
Vol3.

Vol3. ソーイングマシーン



嫁入り道具としても使われ、古くから親しまれてきたミシン。1台持っていれば子どもに何か作ってあげることもでき、趣味でパッチワークを楽しむこともできます。日本人にとって、「ミシン」と言えば布を縫う機械であることが分かりますが、英語では「Sewing machine」と言い、他の言語でも「ミシン」とは言いません。この「ミシン」という言葉はどこから来たのかというと、外国人がこの機械を「マシーン」と呼んだ時、日本人には「ミシン」と聞こえたため「ミシン」と呼ばれるようになった、というのが定説です。最も古いもので、1854年にペリーが来航した際、将軍家にミシンを送ったという記録が残っています。それから日本でも生産されるようになりますが、戦後、日本で作られる高品質なミシンの需要が大きく増して行き、海外にも多く輸出されることとなります


ミシンは精密機械であるため、高精度の金属加工技術が必要となってきます。部品の多くは今もなお日本で製造され、日本製のミシンは信頼されています。不要になったミシンがご自宅にあれば、是非買い取らせていただきます。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのミシン買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ