• G+
Vol12.

Vol12. このような基本に注意するとミシンを長持ちさせることができます



当店のミシン買い取りサービスでは、多くの方から買い取り査定依頼の製品をお預かりしております。査定では製品の状態をチェックさせて頂いておりますが、その中には購入してから長い間使用しているにも関わらず状態のとても良い製品があり、このような製品は中古市場でも人気がありますから、高値で買い取りさせて頂いております。先日、当店にそのような製品の査定依頼をされた方とお話しする機会があり、どのように製品を使われていたのか聞いてみました。すると、次のような基本に注意すると長持ちさせられることが分かりました。まずプーリーは、必ず手前側に廻し、逆側には廻さないことです。また、回転中に上下運動をしている天秤が上まで上がるまでは生地を抜かないこと。そして縫い終わったときに生地を抜くときは、手前ではなく後ろに引っ張って取るということです。このような基本に気を付けるだけで、トラブル無く、長く使い続けることができます。ミシンのトラブルは糸が絡んだり針が折れたりしたことが大半で、それは製品の動きに逆らった使い方が原因だということです。洋裁に慣れている方だとそれが分かり、製品に動きを理解して使いますからトラブルは少ないのですが、まだ慣れていない初心者の方だと製品の動きに逆らう、負担の大きい無理な使い方をしてしまい、トラブルを起こすことが増えるようです。ミシンを使うときには、その動きをよく理解して、負担の少ない使い方を心掛けるようにすると、トラブル無く長い間快適に使えますよ。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのミシン買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ